<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
[写真文] 動画撮影可能なデジタル一眼レフ。Nikon D90 発表。
衝撃。デジタル一眼レフに、動画撮影機能が付きました。Nikon D90。
Nikon D90 デジタル一眼レフカメラ | ニコンイメージング

昨日発表されたキャノンEOS50Dが霞んで見えます・・・。カメラ部は良いのにねぇ・・・。
キャノン : Canon EOS 50D

デジタルになり、液晶が大きくなり、ライブビューが付き、ノイズが減り、動画撮影が付き、もう何がカメラだか分かりませんが、目先の機能に囚われず、「カメラとしての楽しみ」を感じ続けていたい。でも、とにかく世界旅行の荷物が少なくなりそうな兆候は歓迎。

淡々と機能を比較。S H O S i R A - Nikon D90
[PR]
by syatin | 2008-08-28 00:41 | 写真(文章)
[雑記] 動け、想像
自分の中にある悲しさ、苦しさ、強さ、慈しみ、光と闇、そういうのを全部書き出したら、一つの物語が生まれる気がする。

いつか、きっと、全部が繋がって、ストーリーになるんだ。
小説の途中では伏線に気付けないように、
人生の途中では全てに気付けないのだ。


と、考えてみる。
[PR]
by syatin | 2008-08-21 01:59 | 雑記
[雑記] JAZZを聴いたら1955年のオランダの街角に飛んだ。
JAZZを聴いてたら、1955年のオランダの街角に飛んだ。

僕は石畳の道を歩いてた。
戦争から立ち直りつつも、まだ悲しさの残り香がした。
じゃれあう子供達とすれ違った。
恋に落ちて、少しの静寂の後、幸せになった。

演奏はそこで終わった。
[PR]
by syatin | 2008-08-21 00:57 | 雑記
[雑記] お葬式終了 + 20年ぶり
お婆ちゃんのお葬式が終えて、家に戻ってきました。

事情があって、お婆ちゃんとはもう15年以上話したことがありませんでした。だから、きっと僕の事は、お婆ちゃんの頭に無いのだろうと思っていました。でも、従姉妹から教えて貰いました。お婆ちゃんの家の中の、目の高さに、僕の一家の写真が飾ってあったと。昔兄が送った葉書が、何度も手に取られて少しボロボロになっていたと。

最後にちゃんと話した記憶は既に遠い彼方。何時の間にか「そういうものだ」と思って納得していた、遠い親族関係。でも、お婆ちゃんの顔は、笑顔しか覚えてないのです。僕に対しては何時も笑いかけていたのでしょう。

帰り道、従姉妹と、物心付いてから初めて、ちゃんと話しました。2時間ずっと話しました。これからは、仲良くしていきたいなぁ。
[PR]
by syatin | 2008-08-18 00:51 | 雑記
[旅] タイ
タイで、電気も水道もない生活をした。

父親を亡くした子供が、すごく懐いてくれた。

落ち込んで一人で居た時、言葉の通じない老人が隣に座ってくれた。言葉を掛けられるより暖かかった。

すごい悲鳴を上げる豚を屠殺し、それを焼いて振る舞ってくれた。

野生の熊が出る森に入っていく時の、猟師達の緊張感。

河での水浴びが風呂代わりだった。

夜に先生の言いつけを破って、村の外れで焚き火をして語り合った。後で怒られた。

音楽は言語を越えるんだ、すごいんだと思った。

楽しい時間を過ごした場所を離れる時、意識してないのに涙が出てきて、皆もお互いに何で泣いてるのか良く分からなくて、不思議がった。

会いたいな、と思える人が、遠くに居る。
[PR]
by syatin | 2008-08-17 01:20 |
[旅] 想像力を超える世界
世界には砂漠があって、山岳があって、そういう場所でも人々が知恵を絞って暮らしている訳です。

赤い山岳が周りを取り囲む中、集落がポツンと立っている。あるいは、砂漠の近くの痩せた土地で「ここは(砂漠に比べて)恵まれている」と言って感謝しながら暮らしている。そういう場所がこの世界に、僕らがネットしてる今この瞬間も存在しているんです。

こういう全く違う世界が、自分の立っている場所と繋がって在るっていうのが、イマイチ現実味がない。その辺のファンタジー小説よりも、よっぽどファンタジー。

見たい。
見てから、何かをしたい。
[PR]
by syatin | 2008-08-17 00:52 |
[雑記] 祖母死去
祖母が死去しました。
どのタイミングで実家に戻るかはまだ分からないけど、近々戻ります。
[PR]
by syatin | 2008-08-12 07:16 | 雑記
[思考] 必死に勉強する理由
過去の人々の努力に、畏敬の念を覚える。
どれだけ多くの試行錯誤の末、今の技術があるんだろう。
そこで知恵を絞った人たちは、どの様な思いで働いていたのだろう。

僕も必死に働きたいと思うんだ。
いつか、それが未来の人々に繋がるように。

僕は多くの事をやりたいけど、その殆どは、他人に託した。
きっと僕がやれない分を、誰かが支えてくれる。そう信じてる。
そして僕は自分が託された事をやろうと思う。

未来に僕と会うことを、待ってくれている人が、きっと居る。
僕はその人たちと、必死になって何かを生み出すんだ。
その人達に会いに行く為に、少しでも成長したい。
[PR]
by syatin | 2008-08-02 01:34 | 考え事整理
[思考] いつか飛行機の操縦に人間が要らなくなったら
いつか、飛行機の操縦に人間が要らなくなったら、
人は、過去に自分達の手で操縦した時代を懐かしむのかな。
[PR]
by syatin | 2008-08-02 01:32 | 考え事整理