<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
キャンプ行ってきます。
僕は現在、大学のサークル活動として、キャンプのスタッフをしています。(補足:キャンパーの意識的にはちょっと違和感があるのですが、分かりやすくするために「サークル」という単語を使いました。)

今年のキャンプに向けて、ずっと準備してきました。春になってからは準備活動が本格化し、毎日MTGや作業をしていました。そして明日から、いよいよ本番です。

今日は準備の最後の詰めなので、がんばります。
29日の深夜に帰ってくるのですが、一仕事終えて気が抜ける事で、暫くボーっとしそうです。
[PR]
by syatin | 2005-06-24 11:15 | 雑記
沖縄で会った猫その3
b0065698_1512140.jpg
アイラインクッキリ。



最初見たとき、パッと思いついたのは「歌手のアヴリル・ラヴィーンに似てるな」でした。
[PR]
by syatin | 2005-06-22 01:51 | 写真
沖縄であった猫その2
b0065698_1474279.jpg
凛々しさ

[PR]
by syatin | 2005-06-22 01:49 | 写真
沖縄で会った猫
b0065698_1324171.jpg
・・・。
b0065698_133383.jpg
何してるの?
b0065698_133149.jpg
気になるじゃにゃいか





・・・。







b0065698_1333535.jpg
・・・・・・。




沖縄の道路で二匹の猫に会いました。片方は、何故かずっとダンボールに身体を突っ込んでいました。本当に、ずーっとです。おなかの押し付け具合からして、ちょっと苦しかったんじゃないでしょうか。写真としては絵になってないけど、面白かったので撮りました。それにしても一体何をしてたんだろう。
[PR]
by syatin | 2005-06-22 01:34 | 写真
相互作用
・表情
・髪が揺れること
・顔のライン
・光の具合(陰影含む)

この三つが、人(場合によっては動物)の顔写真を撮る際に、惹かれるポイントだ。写真を撮る事によって、テクニック的な部分に留まらず、色んな事に気付かされてる。例えば、自分がどんな表情に惹かれるのか、など。絵を描いていた時は、何か惹かれる部分があると空中に模写していたけど、今は写真を撮って後から見ることが出来る。

肖像権などあるのでBlogにはアップしないけれど、人の写真は良く撮らせてもらっている。記録写真を撮っている内に、人の写真が好きになってきたのかもしれない。自分から写真へ、写真から自分へ、相互に作用している。
[PR]
by syatin | 2005-06-21 02:56 | 写真(文章)
秋葉原の猫
秋葉原のカメラ屋さんに行ってきました。全体的に販売価格が非常に安いので質問したところ、メーカと量販店の中間、つまり問屋だけど、個人向けにも販売しているとの事。

帰り道の途中に猫が居ました。写真撮ったら不機嫌そうに尻尾パタパタしてました。ごめんよ。

b0065698_22184738.jpg
 綺麗なお顔。

b0065698_2219822.jpg
 丸くなる。
[PR]
by syatin | 2005-06-19 22:19 | 写真
購入検討レンズ
TAMRON
SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)
最安価格:31,000円程度

[ 概要 ]
タムロンだけあって、すこしふわっとした描写らしいが、すこぶる評判が良い。EF24-85mmF3.5-5.6よりも安いが、こちらの方がずっと良さそう。ボケが綺麗。色はあっさり。

SIGMA
18-50mm F2.8 EX DC
最安価格:51,000円程度

[ 概要 ]
あっさり系の描写。かなりシャープに写り、解像度が高い。ただし、Canonの 50mmF1.4には解像度、色再現性、コントラストなど全ての点で及ばない。まぁ、ズームレンズってのもあるんだろうけど。全体的に、評判がとても良い。Lズームと較べて遜色が無い。(本当かいなっ!)

[ 短所 ]
・ズームリングが少し重い。
・ちょっとだけ黄色味がかかる。(SIGMAっぽい)
・キャノン純正レンズよりは、オートフォーカス時に迷いがあるらしい。
・USMじゃないので、静かではあるが音がする。
・外観が、Lレンズに比べて劣る(笑)


どちらも評判が非常に良い。
・ボケの綺麗さならTAMRON(色はアッサリ)
・シャープさ優先ならSIGMA(色はSIGMA色というか少しアンバー系な感じも)

最近新しいレンズが次々と出てウハウハしてます。デジカメの進化は目に見えやすいですが、レンズも進化していますね。
[PR]
by syatin | 2005-06-18 02:10 | 写真(文章)
無料セキュリティ対策
チャットで無料のセキュリティ対策ソフトを紹介する機会があったので、ついでにブログに載せておきます。

[ ウィルス対策 ]
AVG Anti Virus 個人ユーザ向け無料版
http://free.grisoft.com/
メニューの「Free Basic Protection」をクリックして、表示されたページの「AVG Anti-Virus Free」の「Download」をクリックしてインストールして下さい。個人ユーザーは無料で利用できますが、元々企業向けの有料のソフトなので、信頼度は高いです。

[ 情報流出対策 ]
Spybot
http://spybot.eon.net.au/en/mirrors/index.html
ここの「Download here」のうちのどれかを押してダウンロードのあと、インストールして実行して下さい。インターネットの利用時などにPCに勝手に入り込んで、勝手に情報を送信してしまうSpywareを駆除できます。初めて利用する方は、自分のPCに棲み付くスパイウェアの数にビックリすると思う。

[ ポップアップ対策 ]
Google Toolbar
http://toolbar.google.com/intl/ja/
ポップアップで変なものに引っかかる事が少なくなります。MSNのツールバーなども同様の機能がありますが、僕はGoogle好きなので、こちらを紹介。勿論、検索時にも便利です。


ウィンドウズ使ってる時点でダメポなんですが、それでもセキュリティ意識を持つのは大切です。
[PR]
by syatin | 2005-06-16 00:52 | お役立ちTIPS
[思考] 中国のブログ検閲
今回のオチは、僕が普段どういう思考プロセスを取るか、です。(多分)

「ダライ・ラマ」も禁止 MS中国語版ブログ検閲(Excite エキサイト : 国際ニュース)

他に禁止されている言葉は、「民主主義」、「人権」、「台湾独立」、「6月4日」(天安門事件を想起させるから)、「中国」と「汚職」の組み合せ、等らしいです。また、国家の意思を書き込む工作要員の育成も進んでいるとの事です。

中国は尊敬すべき点が多くある国です。その歴史は心躍るものがあるし、国土の豊かな自然も素晴らしい。また、中国人の友人の事は、好きです。「中国人である」だけで日本国内で様々な目で見られる事があると思いますが、その様な事態が起こっている事は、日本人として恥ずかしいし、直していかねばならないと思っています。(中国人に限った話ではありません)

しかし、政治的には幾つかの点で、受け入れられません。特に日本への政治態度と人権抑圧の二つです。

ただし、個々の事象そのものに良い悪いはありません。全てはどの観点で切り取るかです。中国からの視点では、確かに日本は様々な点で、中国にとって問題になります。また、国家は利益を守るものですので、彼らの日本に関する外交(及び内政)は、ある意味で上手だと思います。そして、社会主義と資本主義ではそもそも考え方が違いますし、人権抑圧にとやかく言う事だって内政干渉になります。そもそも「人権」というのも1つの観点に過ぎません。だから、僕は意見を言う事をためらってしまうのですが、世界には60億の観点があって良いと思う。僕は、中国の政治方法の幾つかが、好きじゃありません。

まぁ、好きな部分と嫌いな部分、全部ひっくるめて、「僕にとっての中国」なのですが。


[追記]
歩み寄る姿勢はとても大切ですが、全てを受け入れる事は、守るべきものが無いのと一緒です。国際的な人になる為には、日本人としてのアイデンティティーをきちんと持たねばならないと思っています。個人的な感情に流されず、偏りの無い幅広い知識を勉強していきたいものです。特に、国内の意見だけでなく、国外の意見や感情にも目を向け、少なくともその視点の存在を理解すること。

僕はまだ自分の採るべき立場や観点がはっきりしておらず、意見も非常に未熟ですが、整理し、発信し、他人の意見を聞き、勉強し、少しずつ進んで行きたいと思っています。

それらの段階を踏まえた上で、個人レベルで人と人の橋になれる様になりたいと思っています。


------------------------------------------------------------
・・・普段から、こんな風に、あれこれと色々な観点を気にしながら考え事をしています。とは言え、自分の行動に、重要な視点がゴッソリ抜けていたりするので反省も多いです。(反省は次に生かします)

ああ、どうしても言葉が多くなってしまうなぁ。少ない言葉でスパッと言える人を尊敬します。
[PR]
by syatin | 2005-06-15 19:21 | 考え事整理
[思考] 戦争について思うこと2
戦争を考える時、国家を思います。

国家とは何か必然があって成立しているものというよりは、人間の意識の枠組みの1つだと思います。(事実、その枠組みは歴史の流れの中で移ろってきました。) そして、国家は、国家としての利益権益を維持しないと、存在できません。国民・国土全体の未来を考えて動かねばなりません。

国家を思うとき、軍隊の事を考えます。

僕は軍隊はどうしても必要だと思います。国を守る為に。平和の為に。そして、電力インフラが夏場のピーク時を乗り越えなければならず、その想定の元に整備されているのと同じように、何かあった時に乗り越えられるだけの武力を持っておかないと、意味が無いと思うのです。ただし、戦争を起こし侵略する為に存在する軍隊には反対です。

喧嘩に例えてみます。喧嘩を回避しようと口先で頑張っても通じない人も居ますし、相手が元々殴る気で話しかけて来る時もあります。人間なら足を使って逃げる事も出来ますが、国土に足は付いてません。そして、喧嘩に勝たなければ、身ぐるみ剥がれて、場合によってはその後ずっと酷い扱いを受けるわけです。国家は国民の未来も守らねばなりませんから、喧嘩になったらせめて負けない様に鍛錬しておかねばなりません。

そんな事を考えた上で、僕は防衛的軍隊を持つべきだと思っています。
[PR]
by syatin | 2005-06-15 12:32 | 考え事整理