<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
もうだめぽ?
Blogを見てくれている皆様へのお返事や、個人的にメールを下さる方への返信など遅れていて申し訳ありません。ここ数日、久しぶりに調子を崩してます。

最初は何となくだったのが、段々顕著に生活に影響を及ぼすようになりました。
復活への道は以下の三つだと思っています。
・規則的にご飯を食べる
・規則的な睡眠を取る (決まった時間に眠る)
・他人とコミュニケーションを取る

ただ、調子が悪いと上記のような当たり前の事さえ難しくなってしまうのです。そして、不調が長続きすると、復活へ必要なエネルギーがなくなってしまって「なんとなく」調子が悪い状態のまま生活するようになってしまう。

今は、まだ不調になり始めたばかりだから、きっと調子を取り戻せると思います。不調から脱出してみるテストと捉えてみようかな。

調子が戻ったら、この記事は削除すると思います。


6月8日追記
小康状態になりましたが、記事は残しておきます。
[PR]
by syatin | 2005-05-26 18:20 | 雑記
ウワサが引き起こした事件
コロンビアでゴシップ禁止令 無責任なウワサは命に関る! | Excite エキサイト
半身がトカゲになった少女 | Tokyo Fuku-blog

ちょっと興味を引く話題だったので、紹介します。
[PR]
by syatin | 2005-05-20 16:22 | 雑記
世界を旅する人
世界を旅してる友人がそろそろ帰ってくる。

旅先から手紙を何通か貰った。
一通一通、すごく嬉しかった。
写真付き絵葉書を見ながら、その場所に行ったのだろうと考えると、憧れてしまう。

あー、旅しながら色々感じて、時に考えて、そして写真を沢山撮りたいな。

「長旅に出ると、社会的成功が遠のく云々・・・」という思いが引っかかる。社会に出たなら、新人の頃からずっと一貫して頑張って働き続けるのが良い意味で堅実だ。親孝行するにしても、結婚して家庭を持つにしても、その方が安定するだろう。

でも、世界が繋がっていて、繋がっている先に様々な文化があると言う事、繋がっている世界それぞれの場所に歴史がある事を感じたい。理解できない文化を無視せず、何をするにしても、大きな世界を考えながら行動できる人になりたい。

もし世界を旅したら、社会に戻った時に人一倍努力して、きっと世界を見た経験を実らせるよ。
[PR]
by syatin | 2005-05-18 03:41 |
人物写真
・他人が撮られて嫌であろう写真は、撮らない。
・撮った後の確認時、変な表情(半眼とか)で写っているものは削除する。残さない。
・本人が見た時、嫌がった写真は削除する。残さない。
・勝手にWebにアップしたり、広告に利用したりしない。
・自分が醜いと思う欲望に従った写真は撮らない。

今の僕は、人を撮る時、以上の事を自分の中の決まりとして定めている。人を撮る時は殆ど記録写真としてだ。しかし、能動的に「撮りたい」と思う時もある。

美を感じるものは、残したくなる。それは笑顔であったり、複雑な表情であったりする。どうせ撮るなら、その人ならではの一枚を撮りたい。人はそれぞれの美しさを持っている。それを写し取りたい。美しさとは、表面的なものだけではない。

僕の周りには、撮りたくなる人が時々居る。それはただ撮りたいんじゃない。その人の良さ・美しさを撮りたいのだ。それ以外は要らない。技術が足りないのもあって、非常に多くの枚数を撮らなければならないけど、技術が追いつくのを待っていたら「今」を逃してしまう。

何故撮りたくなるのか。それは相手を人として好きだからだ。そして奥深いところでは、相手のしぐさに、新鮮さと同時に、どこか懐かしさを感じてるからだと思う。僕が被写体に何を見ているのか、何が僕に反応しているのか、それを、僕も知りたい。
[PR]
by syatin | 2005-05-12 03:20 | 写真(文章)
マハトマ・ガンジーの遺言詩
束縛があるからこそ
私は飛べるのだ
悲しみがあるからこそ
高く舞い上がれるのだ
逆境があるからこそ
私は走れるのだ
涙があるからこそ
私は前に進めるのだ

     マハトマ・ガンジー 〔遺言詩〕


まだ暗記してないけど、好きな詩です。
はなしょうぶ」と同じく、深い部分で共感。
[PR]
by syatin | 2005-05-10 21:07 | 詩・歌・格言