カテゴリ:旅( 38 )
世界を旅する人
世界を旅してる友人がそろそろ帰ってくる。

旅先から手紙を何通か貰った。
一通一通、すごく嬉しかった。
写真付き絵葉書を見ながら、その場所に行ったのだろうと考えると、憧れてしまう。

あー、旅しながら色々感じて、時に考えて、そして写真を沢山撮りたいな。

「長旅に出ると、社会的成功が遠のく云々・・・」という思いが引っかかる。社会に出たなら、新人の頃からずっと一貫して頑張って働き続けるのが良い意味で堅実だ。親孝行するにしても、結婚して家庭を持つにしても、その方が安定するだろう。

でも、世界が繋がっていて、繋がっている先に様々な文化があると言う事、繋がっている世界それぞれの場所に歴史がある事を感じたい。理解できない文化を無視せず、何をするにしても、大きな世界を考えながら行動できる人になりたい。

もし世界を旅したら、社会に戻った時に人一倍努力して、きっと世界を見た経験を実らせるよ。
[PR]
by syatin | 2005-05-18 03:41 |
ピラミッド
World Windで遊んでます。3大ピラミッド発見したよー。
正確な位置を把握しないと世界遺産を拝む事が出来ないので、結構地理の勉強になります。地球儀って好きだ。地図って好きだ。とても使い勝手が良い、地図と連動して世界の写真や音楽や解説が見れるソフトってないかなぁ。本では出来ない、まさにパソコンの強みを生かした感じになると思うのだけど。

b0065698_19473281.jpg
b0065698_19473756.jpg
b0065698_19474124.jpg
b0065698_19474542.jpg

[PR]
by syatin | 2005-03-24 19:49 |
旅を感じた瞬間
日記も付けていなかった17の頃、イギリスのオックスフォードに1週間程、留学体験みたいなものに行ったことがある。

それなりに楽しんだけれど、その時のメンバーとはあまり馴染めなかった。自分含めて男3人、女7人くらいだったのだけれど、僕以外の男二人は元から友達で、両方とも勉強する意欲がないようだった。そして何だか仲良くなりづらかった。また女性陣は女性陣で固まっている感じだった。大した事無い体験留学なのに、女性vs男性みたいな感じになっていた。意味不明。

で、「なんだかなぁ」と思った僕は、団体行動の規則を破って、一人で宿舎を抜け出し、街を歩いた。その時、妙にリラックスしていたのを覚えている。


右も左も分からないの土地での、初めての一人歩き。

少し心細さのある、心地よい感覚。
不思議と体が軽かった。


当時の僕は、目の前に広がる綺麗な町並みには関心がなかった。今でもあの時の事を覚えているのは、その時味わった不思議な感覚が心地よかったからだと思う。街をふらついて、目的も無くお店に入った。何を買ったか覚えてない。ただ、「I'll buy this」と言った。(あとで調べたら「I'll take this」と載っていた。一応。) 僕が初めて、勉強以外の場で英語を使った瞬間だった。

本当に短い時間だったけど、僕が初めて「旅」を多少なりとも感じたのは、恐らくその時なんじゃないかと思う。もしその時のメンバーの中に自分の居場所を見つけていたら、一人歩きはしなかっただろう。そして、この感覚を味わうことは無かっただろう。どこで何が起こるか分からないものだ。

自分は確かに他者の存在を前提としている。でも、他者が一時的に「普段」とは全く離れ、違うものになる。そうすると、一切の「普段、他者に見せている自分」から解放される。それが一人旅で感じる感覚の内の一つなんじゃないかな。
[PR]
by syatin | 2005-03-20 02:03 |
NASA World Wind
無料ソフトの、地球全体から道路1本まで眺められるNASA製3D地球儀ソフト「NASA World Wind」というものを使ってみました。最初は地球全体を眺める感じなのですが、好きな場所に行って拡大していくと、インターネットを通じてどんどん詳細な衛星写真がダウンロードされていきます。表示は様々なモードが選べるので感動ものです。更に斜めから見下すと地形の起伏が分かる立体表示が出来ます。

で、僕が何をしたかというと。まずアメリカの大都市をどこまで拡大できるかやってみました。本当に道路一本一本まで見えました。バスや車と思わしきものが写っているのまで確認できました。次に東京を見てみたのですが、日本は全体的にそこまで拡大できませんでした。モードによって色々変わるのですが、それでも最高で主要道路が見える程度。(大まかな形はハッキリ分かります)

次にイタリア付近を一通り眺めた後、ナスカの地上絵を探してみました。40mクラスの代表的な絵は発見出来ませんでしたが、巨大矢印の地上絵は見ることが出来ました。

このソフト、かなり楽しめるよ。


ちなみに、システム要件は結構シビアです。
・Windows 2000 または Windows XP
・1GHz の Pentium 3 または AMD Athlon 以上
・256 MB のメモリ
・高性能な 3D グラフィックカード
・高速なブロードバンド回線
・2GB のハードディスク容量
[PR]
by syatin | 2005-03-19 20:11 |
世界旅行に持って行きたいもの
b0065698_0513395.jpg世界旅行は幾つか目標があるけれど、その内一つが写真を撮り、Webにアップしながら旅すること。で、ちょっと考え付いた装備一覧。(思いつきのメモ)

・デジタル一眼レフ&バッテリー最低2個
・最低限の交換レンズ(Canonのデジタル専用のレンズ2本+αが良いかな)
・写真用ストレージ(ipod photoとか)
・酷使に耐えるノートPC(タフブックとか)


写真:海色に染まる船。プーケットにて
[PR]
by syatin | 2005-02-26 23:57 |
旅してどうするの
旅に出たとして、何を得るんだろう。

得られるものは沢山あるだろうと思う。問題は受け止め方やその姿勢だろう。今まで僕は旅をするとき何となく楽しんで終わりだった。これからは問題意識を持って旅先を訪れ、現場で感じた事を大切にしていきたい。

僕の憧れの地はローマ。高校時代、友人(R)から熱くローマについて語られ続けたためか、僕もローマが好きになってしまった。ローマだけでなく、世界各地の古代文明の遺跡を周り続けたい。もちろん、古代遺跡を巡る際は事前の勉強が欠かせない。知識がある上で見る遺跡は感慨もひとしおであろう。
[PR]
by syatin | 2004-12-04 20:59 |
ダイビング
b0065698_19565434.jpg
この世の中で、最高に感動的で楽しい事の1つ、それがダイビング。海の中に広がる別世界の美しさ楽しさに魅せられて、多くの人がダイビングに病みつきになっています。
b0065698_205406.jpg
眼前に広がる海にいざ飛び込む時のワクワクする気持ち、海の中を漂う時のゆったりとした感覚、海の生き物達との出会い、そして、ふとした時に感じる神秘的な気持ち。

力を抜いて海面を見上げれば、ゆらゆらと光が差し込んできているのが見えます。
b0065698_21559100.jpg
しかし、考えてみると体験ダイビングばかりやって5本目。ライセンスを取ってません。ダイバー憧れの海底洞窟に行くには、まだまだ遠い。

ねぇ、誰か一緒に、この素晴らしい体験をしに行きませんか。
[PR]
by syatin | 2004-11-18 21:30 |
世界を見たい。
b0065698_13533091.jpg僕は世界を旅したい。

人権というものに興味がある。特に、戦争という悪魔の所業に、何とか立ち向かいたいと思っている。でも、僕は戦争を語るには余りに経験が足りない。だから、戦争があった地域を実際にこの目で見て、感じてこなければならないと思っている。

旅している途中は、常に以下の事を意識したいと思う。
・その土地の問題を理解(少なくとも勉強)した上で、問題意識を持って歩く。
・発見や驚きを大切にする。
・写真を撮る。

今日のところはこれにて。
[PR]
by syatin | 2004-11-18 00:55 |