[歌詞] 少年時代/井上陽水
夏が過ぎ 風あざみ
だれの憧れにさまよう
青空に残された 私の心は夏もよう


夢が覚め 夜の中 長い冬が
窓を閉じて 呼びかけたままで
夢はつまり 想い出の後先(アトサキ)

夏祭り 宵かがり 胸の高鳴りに合わせて
八月は 夢花火 私の心は夏もよう
Um Um Um Um Um----m---


目が覚めて 夢のあと 長い影が
夜に伸びて 星屑の空へ
夢はつまり 想い出の後先

夏が過ぎ風あざみ だれの憧れにさまよう
八月は 夢花火 私の心は夏もよう
Um Um Um-- Um----m-----


----------------------------


親が好きな曲なので、幼い頃から聞いて育った。

歌詞、良いよね。
懐かしくて切なくなる、のだ。

親が沢山聞いてた曲って、何時の間にか好きになるものね。
[PR]
by syatin | 2008-07-31 01:12 | 詩・歌・格言
<< [思考] いつか飛行機の操縦... [思考] 心の中の誰かに怒られ... >>