[思考] 新たなビジョン
高校の頃にずっと感じていたモドカシサは、「心の中の人を追う気持ち」だったんだと、今日気付いた。自分が目指したい方向の、遥かな先を歩く人に、追い付きたいと思う気持ち。そのもどかしさが活力になった。

中高の頃に流した涙は、本当に一滴残らず全て、心の中の人と現在の自分の差を感じた時のものだった。それ程までに、心の中の人に追い付きたいと恋焦がれていた。

今日、僕は自分が、遥かな先を歩く別の人に、同じモドカシサを感じている事に気が付いた。ビックリした。大学時代に知らず知らずの内に失っていた、心底から追い付きたいと思えるものを、再び発見したのだと思う。

その遥かな先を歩く人は、超一流の技術を持っていて、他の超一流のメンバーと、最高のチームワークで、情熱的にモノを生み出す存在だ。その片鱗を自分の周りの人や、本や、作られたプロダクトから感じ取ることが出来る。



以下、まだ考えが纏まっていないこと。言語化の過程のままバーッと書く。

僕は、二つのものを追えるほど器用じゃない。絵を描いていた時と同じように、技術を追い求める時も、心の中に居る最愛の人は傍に居てくれるだろうか。

新たなビジョンは、心の中で「勝手に話し始める」位に形を持つのだろうか。そうしたら今居る心の中の人はどうなるのか。ただ、心の中にまた一人、人が増えるだけ?でもその場合、おそらくとても強力な存在になる。そうすると、今の最愛の人と、どっちが最愛になる?

・・・そういう問題じゃないのかな。心の中の最愛の人は「善」という価値判断基準に近いもの。そういう判断の基準ではないから、新たなビジョンは、同一に近い存在にはなりえないのか。

ただ、自分が追い求める理想像を修正すれば良いのか。自分がなりたい人間像と、愛する人は、別でも良いのか。

なんだ、この辺は良く分からない。まだ言語化できない。
[PR]
by syatin | 2008-04-16 01:28 | 考え事整理
<< [思考] 遥か先を目指す事と、... [思考] 希望・遥かな高みを追うこと >>