[思考] 他人の為に我慢する理由
心の中の人の言葉に耳を傾けていたい。
私だけでは、他人を傷つけてしまう。

僕は自分にとても負担が掛かっても、「秘密」と言われたら守ろうとする。基本的に、本人から「広めて良い」と合意が取れている話じゃない限り、他人に広めない。(恋愛話は特に!)。それは大学1年の頃の経験がトラウマの様になっている、というのもある。でも今はそれ以上に、自分の信条として保持している。

また、他人について悩んでいても、自分の発言が相手に悪い影響があるかも知れない場合、個人名を挙げては周囲に相談しない。クリティカルな所に影響がないと思えば相談する。けど、その頻度は非常に少ない(と思う)。他人についての悩みを話すというのは、ともすると対象のイメージダウンに繋がりかねない。僕はその場で感情を纏めるのが下手だからだ。

そんな訳で、陰でコソコソする事があまりない人間なので、基本的に問題があれば直接本人に言う。でもそれは、「こうしないとその人とやっていけない」と思った場合だ。自分なりに「どうすれば相手の為になるのか」と悩み・考えつくしてから話す。主観による「相手の為」であるのは承知の上、あくまで1つの意見として言う。変わるかどうかは本人次第だし。で、相手が話し合いに乗ってくれる場合は、それで解決する。

時々「ストイック」とかと言われる事がある。
他人に相談するのが下手なのかもしれない。我慢しがちかもしれない。


何故そこまでして他人の為に我慢するのか?


僕にとってその答えは明白。「心の中の人=至高の存在がそう言ってるから」。他人を自分本位に傷つけるのは、例えるなら「宗教的違反」って事だ。僕が生きる最大の目的は、心の中の人の言うとおりに生きる事。最終的には、心の中の人が考えるのと同じように考え、同じように行動する事が出来るようになる事。

なりたい人間像に近づく為にやってるんだから、言ってしまえば自己中心的に動いた結果という訳だ。「相手の為に自分が傷つく」というのは、「自分の一番大切なものを守ろうとしたら、それ以外の部分が犠牲になってる」というだけだ。究極的には、他人の為に我慢しているのではない。

僕は根っからの善人じゃない。白いものに限りなく恋焦がれる灰色の存在だ。
忍耐力が足りない部分は、信仰心でカバー・・・出来ると良いのだけど。
こう、自分本位で考えると、心の中の人が言う事とベクトルがズレて行くんだよなぁ。


P.S.
「なりたい人間像」の話であって、現実が必ずしもそうではない。僕は未熟なので、他人に迷惑掛ける事は沢山あるし、すれ違いや誤解だってある。僕の発言で不快になる人だって居るだろう。精進します。
[PR]
by syatin | 2008-03-07 02:58 | 考え事整理
<< [思考] 実現したい事を考える [雑記] 不安定 >>