[雑記] 居眠り
僕は中高時代、学校で良く居眠りをしていた。深夜までラジオを聴きながら絵を描いたり空想したりしていたので、家での平均睡眠時間が3時間程度だったのだ。よって、睡眠時間を補給する為に、昼までの授業は寝ていた。

で、居眠りに関する思い出を幾つか。

・僕は、知識はあるのにちゃんと教えてくれない英語の先生が嫌いだった。だから英語の時間は例え眠くなくても意地になって寝てた。でもテストでは点を取るように頑張っていた。

・ある時いつもの様に寝ていたら、先生に怒られた。ビックリしたが、同時に「そりゃ寝てりゃ怒るわな・・・」と思った。その先生の授業はなるべく寝ないようにした。

・ある時、目が覚めたら、次の時間(体育)が終わって、皆が戻ってきた所だった。流石にビックリした。

・クリスチャン系の学校だったので毎朝礼拝があったが、そこでも寝てた。ある時、礼拝の帰り道に柱にぶつかって目が覚めた。礼拝堂の席に座ってから記憶が無かったのだが、歌を歌ったり、退出したりする時は、ちゃんと立っていたらしい。毎日の習慣って凄いね。


纏まりがないけど、この辺で。ちなみに、大学の授業では殆ど寝ませんでした。当たり前だけど。
[PR]
by syatin | 2007-07-14 04:31 | 雑記
<< [雑記] 中高時代の先生 [雑記] 今やりたい事と、今後の予定 >>