[思考] 他人に期待する事
コミュニケーション中、他人の反応が余りに期待外れだと、「あぁ、僕はこの人に、ある一定の範囲内の反応を期待していたんだな」と気付かされる。互いの考えをストレートに話し合っている時に、相手の考えにガッカリしたので、自分の心に相談した。

逆の立場になって考えてみると、自分が考えて居る事をストレートに表現する際、それは相手の期待に沿う事を望むものだろうか?・・・違うと思った。相手の期待を察知して、それに沿う発言するのは、コミュニケーションの上手な方法ではある。でも基本的思考は、その時のコミュニケーション相手によって変わるものではない。

だから、ゴチャゴチャ考えず、他人のありのままを受け入れていきたい。相手もその方が気楽でしょ。その方が良い。

異質なものに出会った時の道は二つある。拒絶と理解だ。どちらが優れているという事は無い。でも僕は理解を選びたい。異質なものを真正面から理解するのは多少しんどい。でも、「何となく知る」事や、「側に居る事を許す」という程度の理解なら、そんなに大変じゃない。
[PR]
by syatin | 2007-06-20 11:33 | 考え事整理
<< [思考] 街頭での募金に、お金... [写真] 野尻の写真:きつつき編 >>