[思考] ひたすら人を避ける日々
ここ数ヶ月、ひたすら人を避ける(ような)日々が続いている。夏頃からだろうか。

他人・・・特に大人数に会いに行くパワーが出ない。参加者は誰でも構わない「人を集めて何か企画」系には参加する以前にメールに返信する気力すら沸かないし、自分だけを誘ってくれている時でも、中々気乗りがしない。誘ってくれる人には申し訳ないけどそういう状態なのだ。ほんと、ごめんね。

たぶん人は他人に会う時、どこかで「えいっ」と力を入れている訳だけど、その「えいっ」が出来ないのだな。これは「あのグループの飲み会には何となく参加する気が起きないよ」というレベルなら、割と多くの人が感じられる事じゃないだろうか。

以前は「参加している人の視点」からばかり物事を見ていたけど、こうして「参加しない・できない人の視点」を染み込ませるのも、後学の為になるかなと思う。参加しない(できない)のは自分の都合だけれど、割と寂しいものだ。包容力がある団体ならば、そういう視点を持つ人が参加出来ている人の中にも居て、拾い上げてくれるのかなと思う。フォローは気を遣うけどね。
[PR]
by syatin | 2006-12-26 00:07 | 考え事整理
<< [思考] 言葉にすると跳ね返る [ゲーム] クリスマスのシナリオ作り >>