[思考] もっと他人を咎めても良いかも
試験期間の最中、他人が担当だった仕事をやらなければならなくなった。その仕事の関係者として大きく責任を感じたから動いた。今後も忙しくなるだろう。

さて、イッパイイッパイになっている時は、作業能率が上がる。その状態をキープしつつ、他人に迷惑を掛けない様にしないといけない。ストレスをぶつけず、何食わぬ顔で振舞っていたい。

そう思うと同時に、「自分が負担が掛かっている状態だと言う事を、他人によりダイレクトに伝えた方が良いかもしれない」とも思う。関係のない他人にストレスをぶつけるのは場違いだが、関係者は知った方が良いのではないか。


僕は、自分の行動の善悪を、心の中の人ならばどうするかに当てはめて判断する。彼らなら、そもそも自分がやる前に、以下の様に発言するだろう。
R「君がやると言った事だろ。自分でやりなよ」
S「手伝うから、今から一緒にやろう」

また、尻拭いしなければならない事態になる前ならば、以下のようにするだろう。
R「任せたからな。しっかりやれよ」
S(行動:手伝いに行ったり、何度も突付いたりする)

どうしても相手が動けない状態で、尻拭いするならば、以下のようにするだろう。
R「馬鹿かお前は」と叱った後、やる。終わった後、相手を説教。その後は何時も通り。
S「こうなる前に、ちゃんとやらなきゃ駄目だよ」と嗜めた後、やる。やっている最中は、他人にストレスをぶつけない。終わってから「大変だったよ」と報告。愚痴ではなく、明るく。


今回、僕は「いいよいいよ!やるよー!」という感じで、相手を咎めなかった。相手が忙しいから負荷を掛けたくなかったのだ。でも、それでは相手を成長させない。咎めたり、説教したりする事は、悪い事じゃない。今後は、なるべく相手にプラスになる動きをしよう。勿論、相手に失望して見限るならば、嗜めたり説教したりはしないのだが、他人の可能性を見限りたくは無い。
[PR]
by syatin | 2006-06-18 18:22 | 考え事整理
<< [歌詞] 「明日に架ける橋」 ... [写真] 雄大な感覚 >>