[思考] 言葉にすると抜け落ちる
自分が考えている事を、他人に伝えようと言葉にすると、必ず大きく「抜け落ち」る。

僕は物事を、同時に複数の捉え方をする。
Aがあるなら、対極にBがあるかもしれない。別の次元にCがあるかもしれない。
様々な考えを理解し実践しようとする。少なくとも知っておこうとする。
誰もがやってる、当たり前の事かもしれない。

さて、どう捉えているかを全部話すと、長くなって聞いてもらえない。
だから、どれかの立場を選択して伝える事になる。

山を持って来いと言われて、
そんなの無理だから木を一本切って持って来た。
そんな感覚。

A4の紙を、直径3cmの円形にカットした時に
他の部分が勿体無くて気になる。
そんな感覚。

抜け落ちる。
結局自分の考えている事はごくごく一部しか伝わらない。

他の視点が自分の中に存在するから
表現のレトリックと捉えなければ、何に関しても断言できない。

これが日常生活での個人的悩み。
[PR]
by syatin | 2006-02-22 03:28 | 考え事整理
<< [メモ] Canon EOS ... [写真] へばりつけ! >>