[思考] 未来の自分を先取りする
夜中に空想をしていて、頭を過ぎった事。

今の僕の知識・技術を持ったまま10年前に戻れたら、僕は社会的に大成功していたと思う。10年前というと、Internetはようやく知られ始めた頃で、Internetの特性に合わせたデザインをちゃんと考えていた企業は非常に少なかった。考えていたとしても、今の様に洗練されては居なかった。今の僕の知識を持って過去に行ったならば、引く手数多だった事だろう。そして、更に経験を積んで、今頃はWeb Designに直接関係するほぼ全ての技術を網羅できたかもしれない。10年と言わず、たった5年前に戻れただけでも、将来有望な注目株になれたかもしれない。

ここまでが何の生産性もない空想。

たった5年・10年であっても、知識・技術を持ったまま過去に戻れたならば飛躍的な成功を収める事が出来る、・・・なんて事を今の僕は考えている。5年・10年後の僕も、同じ事を考えるかもしれない。じゃあ、今出来ることは何だろう。将来を見据えて、少しでも未来の自分を先取りしておく事が大切なんじゃないだろうか。自分を高めるとは、この「未来の自分を先取りする」という事に他ならないんじゃないだろうか。

僕はどうしても諦めたくない目標がある。其れに気が付いた時から今までずっと、変わらず心の中で燃え続け、煌き続けている。一刻も早く近づきたい。何としでも、死ぬ前に辿りつきたい。「目標は何?」と聞かれても、直接このことを答えはしないだろう。それほど自分にとって崇高なものなのだ。

さて、頑張ろう。
[PR]
by syatin | 2005-12-16 08:20 | 考え事整理
<< シークレットバトン [写真] ばーななー >>