蹴りの練習再開
僕は小学生の頃から蹴りをやってます。どういう事かというと、ある時、突然父親がサンドバッグを買ってきたので、それを木に吊るして毎日毎日蹴っていたのです。それが何時の間にか趣味の一つとなり、実家を出るまでずっと室内外で蹴りの練習していました。

蹴りは、インパクトの瞬間に地面に相当な力が掛かるらしいです。二階で空中を蹴って練習をすると、「ドンドン音がしてウルサイ」と注意されていました。

実家を出て東京に移り住んだ後は、下の住人の迷惑を考えたのと、室内が狭かったのとで、最初は公園で練習してました。(一番最初は、警察に職質されました。その警察官は疲れてたのでマッサージしました) しかし移動が面倒なので、その内練習をしなくなりました。

それから数年が経ち、今に至ります。脚が上がらない、練習時に体勢をキープ出来ない、軸がブレまくる、速度が遅い、繋がらない、等など、もう駄目駄目です。

でも何となく蹴りをやりたくなってきました。で、最近また蹴ってます。これまた何となく、練習を今後とも続けようと思ってます。



::当時の(僕の)蹴りに関する行動::
1.手ごろな高さの物を見ると、蹴りたい衝動に駆られる。
 →今はない。
2.何処まで高い場所に足が届くか試したくなる。(とりあえず、2mちょいまで届いた)
 →今でも時々やってる。

::蹴り以外の行動::
1.階段を音を立てずに走り上がる、ガードレール等の高い場所に音を立てずに飛び乗る。
 →これは今でも毎日やってる。もはや癖。
2.塀を見ると、如何に素早く飛び越えられるかを試したくなる。
 →今でもやりたいと思うけど、人目があるので出来ない。
3.三角飛びが出来る場所では、如何に高い場所に手が届くか試したくなる。
 →今はそんな場所が無い。

::当時の練習内容::
1.如何に速く蹴りを出せるか。
2.変化蹴りや連続蹴りの練習。
3.回し蹴りや後ろ回し蹴りを、繋げられるようにする。(軸ぶれを無くす)
4.片方の脚を体と直角に持ち上げて、その体勢をキープ。(左右とも)

::実戦では使えないよ::
ちなみに、僕の蹴りは、喧嘩の際には、確実に役に立たないと思います。他人を本気で蹴る事なんて出来ないし、本気で蹴っても、マトモに当たってくれる人なんて居ないだろうし。じゃあ何でやってるのかっていうと、一つは楽しいから。もう一つは、蹴りに美学を感じるから。
[PR]
by syatin | 2005-11-17 15:03 | 雑記
<< 流れ星 [写真] 明月 >>