[キャンプ] 子供キャンプ運営にあたっての役割分担
キャンプ関連の話題です。今回は、子供達とキャンプする場合に、大人達はどう役割分担をしたら良いか、思うところを纏めてみます。

 キャンプ中は、安全の為にルールがあります。一人がルールを破る事を黙認すると他の子も次々とルールを破り、事故率が増すので、ルールは徹底する必要があります。そこは超えてはならないラインなのです。子供達とキャンプする場合は、大人達とキャンプする場合よりも、ルールを守らない事によるトラブルが多いです。どうしたら安全に楽しくキャンプ出来るのかを考えていきます。

 前提は、キャンプがどう進行するかの把握を含めた、事前準備が出来ていて、かつ大人達はそれらの事を大体把握しているという状態です。

1.リーダー
 リーダーは、子供達と遊んだり、側で見張ったりする役です。体力面や精神面から、若い人の方が向いています。子供達にとっては、もっとも接する機会が多いです。子供達と仲良くなるのも大切ですが、役割分担の中では「子供達の一番側で見張る役」という要素が強いです。例え子供達と話している時でも、常に周りを気を配っていなければなりません。子供達の中には、ルールを破りたがる子も居ます。そういう子にルールを守ってもらう為の抑止力となる必要があります。
 →馴染めない子供をいち早く見つけて、皆と馴染むための切欠を作る。
 →体調不良やホームシックなど、様々な問題を把握し、場合によっては動く。
 →子供の側に立って、口頭で、もしくは物理的な手段を用いて、禁止事項を注意する。
 →目立つ子だけでなく、目立たない子にも気を配る。
 →子供達と仲良くなる。

2.サブリーダー
 リーダー達を様々な面で補佐します。リーダーと同数居る必要はありません。サブリーダーの方が経験豊かであった方が、リーダーも安心できるし、成長の助けにもなります。リーダーは常に子供の側に居る必要がありますが、サブリーダーは裏方雑務もこなします。
 →特定の子供を受け持つ事なく、子供達の様子を見る。リーダーを助けたり注意したりする。
 →リーダーの自立心が低い場合は、ある程度突き放す。(いざという時は助ける。)
 →まとめ役から出される雑務(荷物運搬、時間修正など)をこなす。

3.リーダー&サブリーダーの指示出し・まとめ役
 リーダーは子供達を見ているので、広い視点は持ちにくいです。そこで各リーダーの持つ情報を把握し、指示を出したり、まとめたりする役が必要です。ここでは「まとめ役」と呼びます。まとめ役は、特定の子供を受け持ってはいけません。そして、常にリーダー達が見える場所に居て、必要ならばすぐに指示を出せるようにしておく必要があります。
 →キャンプの進行を完全に把握する。
 →リーダー達に指示を出す。雑務はなるべくサブリーダーに振る。
 →まとめ役は特定の仕事をしたり、見えない場所に行ったりしない。混乱の元です。
 →タイムキープをする。

4.最終責任者
 リーダーやサブリーダーが青年である場合、何か事故が起こった時に責任を取りきれない事があります。その為に、最終的な責任を取る人が必要です。最終責任者は社会的に認められている人でなければなりません。
 →リーダー達の動きをぼんやりと眺める。
 →何か事故が起こった時に責任を取る。


人数によっては編成が変わりますが、最低限の場合の概要は以上です。とは言え、この最低限ラインですら頭数が揃わないキャンプも多々あると思いますが。ところで、キャンプは様々なプログラムをして、子供達の交流を促進したり楽しませたりします。そこで、プログラムリーダーが必要になります。


5.プログラム・リーダー
 子供達を楽しませる為のプログラムを準備し、提供します。プログラムによっては、プログラムリーダー内の役割分担をします。プログラム全体の進行を司るので、子供達一人一人を相手にする訳ではありません。
 →事前に危険な事をチェックする。
 →必要なスキルがある場合、それを教えられるようになっておく。
 →プログラムの進行を司る。


とりあえず、以上です。この記事は今後追加する可能性があります。
[PR]
by syatin | 2005-08-23 17:59 | 考え事整理
<< [旅] 今考えてる事の整理 雲の上の空 >>