[思考] 人を幸せにする時は
■ 人を幸せにする時は

人を幸せにする時は、自然にやろう。
自然体で、肩の力を抜いて、自分のことではなく相手のことを思って行動しよう。
その為には、自分が空っぽである必要がある。
他人の為のスペースが、自分の中に無ければ出来ないから。
自然に出来る人は、年齢に関係なく、すごいなぁと思う。


■ 俺が俺がと自己主張しない。

凄いだろ。かっこいいだろ。そういう自分中心な気持ちでは心地良くない。
そういう時、ちょっと立ち止まって思い出す。
もっと目の前のことや他人に感謝しよう。

ついでに、本当に自分の情熱に対して真っ直ぐでいるならば、
凄いだろ、かっこいいだろ、っていう思いは無意味になる。
それは単なる雑念だ。全く重要じゃない。


■ 嫌な気持ちを撒き散らさない。

嫌な気持ちになるのは生きていれば当然ある事だけど、それを不特定多数の目に晒さない。
そういう行為は、不快な気持ちを人になすりつけるような物だ。
他人を不快にせずに済む発散方法を選ぼう。
[PR]
by syatin | 2013-06-27 04:04 | 考え事整理
<< CopyChartsToPow... [雑記] フォルダ内の全テキス... >>