Everything's gonna be alright
b0065698_192929.jpg中高生の頃、毎日深夜絵を描いていたのだが、その時に必ずラジオを付けていた。とりあえずDJ赤坂の時代からミリオンナイツは毎日聴いていた。

現在はどうだか知らないけど、当時の仙台放送は深夜2時や3時になると、その日の放送の締めくくりとしてSweetboxの「Everything's gonna be alright」という曲が流れて、放送が終了した。この曲を、毎日毎日聴いていた。

この曲のタイトル「Everything's gonna be alright」は、お気に入りの言葉の一つだ。

僕は心の底から、長いスパンで見た時には、全てがきっと上手く行くと思っている。例えある時点で悪いことや辛いことがあっても、今考えてみると、全てが僕である為に欠かせない出来事だ。未だに片付いていない問題は、未来に振り返った時にきっとそう思うだろう。

楽しい事も辛い事も、きっとそれは何かしら自分に対して意味を持っていて、成長の助けになるものだ。大切なのは、自分の進むべき道から外れない事。そして道を外れてしまったら、気づいた時に戻る事。道を外れないで真っすぐ歩ければ良いけど、僕は中々どうして、道草ばかりしてしまっている。


ところで、今でもこの曲を聴くと「あぁ、そろそろ眠る時間だ」という気分になる。刷り込まれた記憶と言うのは無意識的な行動をも支配する。うーん・・・、僕はパブロフの犬か?
[PR]
by syatin | 2005-02-05 00:34 | 考え事整理
<< ギャンブルというもの 絵。 >>