[思考] 祈るとは
※ 宗教とは関係なく、自分の中の祈りについて書きます。

祈るとは、強く信じることだ。

「できるかなぁ。できるといいな」という呟きは、祈りじゃない。
それが見えるくらいに強く心の中に思い描く事が、祈りなのだ。

誰かに悲しい事や大変な事があって「幸せがありますように」と祈る時。その人の辛そうな顔を思い浮かべるよりも、幸せになって笑顔になっているその人を思い浮かべよう。木に実った種が地面に落ちて、中から若葉が出てきた時の様に、最初は辛そうな顔しか思い浮かばなくても、最後には笑顔を思い浮かべていよう。

何かが欲しいと祈る時、それを行使している自分を思い浮かべていよう。フルカラーの映像だけでなく、五感でそれを感じられるほど鮮烈に想像していよう。思い浮かべて足りないならば、紙に書けば良い。

一度で足りなければ何度も繰り返そう。1mmで良いから降り積もってくれれば良い。例えそれが実世界に何の影響力も持たなくとも、祈った後の行動によって世界を変えていけば良い。

そう僕は思う。
[PR]
by syatin | 2010-04-07 01:48 | 考え事整理
<< [思考] 歳を取る事 [近況] 良いことがありました。 >>