[思考] コーディングを高速化する方法
今日、「この画面おねがい」と言われて、HTMLを組んだ。PHPやJavaを組んでいる時と比べて、圧倒的に高速。指がダッカダカ動く。HTMLはプログラミング言語ではないけど、幾つか気付いた点があったのでメモ。

1. 書くために必要な知識が頭に入っている事
コーディングレベルの話。知識を調べながら書くより、既に知識が頭に入っている方が、圧倒的に高速。HDDアクセスとメモリアクセスくらいに速度が違う。かと言って、「乏しい知識で何とかする」のでは話にならない。既に全部調べてあって、何があるか知ってること。そして、見ないでも書けるようになっている事。

高速化策
→ リファレンス系を暗記する。指を動かして覚える。
→ どんな問題が起こりうるか調べ、その対策を知る事。少なくとも、大体の検討が付くようになること。


2. 何を書くべきか分かっている事
設計レベルの話。データをどういう風に保持するかとか、処理をどう切り分けるかとか、分からないままでは低速になる。どう切り分けたら綺麗か、スタンダードは何か知っている事。後はコードにするだけの状態である事。

高速化策
→ パターンを学習する。慣れる。



ダッカダカにしてやんよ!
[PR]
by syatin | 2009-05-14 02:25 | 考え事整理
<< [思考] 湖は綺麗だ。 [思考] 自分に活を入れてみる >>